北海道函館市の造園会社「人と緑をつなぐ会社」

高瀬環境緑化 株式会社

トピックス

エゾスカシユリは素朴な趣があり、育てやすいと評判です!

      スカシユリの仲間の花びらは、上が広く、下がやや細くすぼまっていて、 各片の間にすき間ができます。それで「向こうが透けて見える」ため、スカシユリと名付けられました。 エゾスカシユリは、スカシユリの亜種とされていますが、正確には、スカシユリがエゾスカシユリとイワトユリの交配によって育成されたものとされています。 1600年代の日本でのことです。 「アジアティックハイブリッド系」園芸品種の原種であり、育て方が易しく、素朴な趣があるため人気の高い品種です。 ユリの栽培や交 ...

ReadMore

施工事例

函館市の高盛公園施設設置工事が完成しました!

    当社が令和元年12月5日に落札しました、「高盛公園施設設置工事」が無事、完成しましたので報告します。 工期は、令和元年12月6日~令和2年3月25日 です。 例年ですと、降雪や凍れ等に苦労する施工時期でしたが、今年は雪も少なく順調に施工できました。   工事の概要は、 敷地の造成、築山の整備と張芝。 遊具施設の移設と新設、フェンス(45m)や車止めの設置。 園路広場の整備として、土系舗装とアスファルト舗装等です。         ...

ReadMore

施工事例

函館駅前「ハコビバ」のシンボルツリー設置状況を報告します!

  今回、シンボルツリーとして設置するのは、ヒムロスギという常緑樹です。 樹の高さは、約15mで、当社圃場で50年近く養生していた樹木です。   根の周りを大きく掘削し、きれいに根を包むことができました。 こうしないと、根鉢から土が落ちてしまうのです。   これはハコビバさんの広場に作られた、ヒムロスギを納める鉢となる構造物です。 駅前は、地盤下の海水面が高いので、海水の影響から樹を守るため、かさ上げして設置することになりました。   これは鉢の中に入れる黒土や土壌 ...

ReadMore

トピックス

苔のアレンジは自由自在!主役も脇役もこなせる優れもの!

      苔には根がありません。茎葉から日光と水を養分にして育ちます。 なので、置き場所と水やりにさえ気をつければ難しい世話はいりません。 半日蔭の場所に置き、乾燥に注意するのがうまく育てるコツです。   苔の多くは多年草で冬枯れの心配もなく、何年経っても大きくならないので器の大きさを選ぶこともありません。 苔に魅かれる理由はみずみずしい濃い緑と素朴な美しさのためです。 花や実がつくことはありませんが、太古から変わらない自然の姿にどんなに見入っても飽きることがない ...

ReadMore

ガーデニング

失敗しないコンテナガーデンの始め方

    「家を新築したけど、庭をつくるスペースがない」 「玄関やアプローチをかわいい花で飾りたい」 「ベランダで野菜やハーブを育てたい」 そんなあなたにおススメなのが「コンテナガーデン」です。   コンテナとは、鉢やプランター、ハンギングバスケットなど、植物を育てるための容器の総称です。   日の当たる、ちょっとしたスペースがあればコンテナガーデンは始められます。 テラスやベランダ、玄関前や建物周りが小さなガーデンに。 家族が葉・花・実の色や形を楽しむことができる場 ...

ReadMore

トピックス

空き缶ポットで植物をインスタ映えさせる方法

      今、世の中のありとあらゆるものがインスタにアップされています。 毎日の暮らしのあれこれ、おススメの化粧品や洋服、非日常的な場面や情景。 植物を素材にインスタにアップしたいけど、何か変わった趣向で人目を引くものはないかと考えている方もいると思います。 そこで今回は、あまりお金をかけず、「モノづくり欲」も満足させてくれるDIYで挑戦です。 いろんなものを「容器(ポット)」にリメイクして、いつもの植物をインスタ映えさせる方法を見ていきます。     ...

ReadMore

トピックス

「豆盆栽」これだけ覚えれば始められる!

    盆栽は、BONSAIで通じる世界的なカルチュアになっています。 小さな鉢のなかにあるのはサイズダウンした「壮大な自然」です。 その盆栽のなかで最近話題なのが「豆盆栽」です。これは割とフレンドリー。 手のひらにすっぽりおさまるサイズの鉢に、カエデやマユミ、カイドウなどの落葉樹。 アカやクロのマツ、多肉植物などを植栽したもの。 リビング、キッチン、トイレ、パソコンの横。朝日が入るベットサイドとか。 家のなかのいろんな場所にピンポイントで置かれています。 なんとなく気分が下がった時、 ...

ReadMore

ガーデニング

植物の管理で欠かせない「水やり」の方法

      植物の体は全体の半分から8~9割は水でできています。 そして、根から水分を吸収するときは土中の様々な栄養分も一緒に補給します。 吸収された水は導管を通って葉に届き、光合成に利用されて植物に必要な栄養に変換されます。 植物の発芽、生長に欠かせない存在が「水」なのです。 人間は本来の自然の姿を様々につくり変えて利用してきました。 園芸、ガーデニングも同じです。 人間の意図や都合で植えられた植物は、人が管理してあげないと充分に育つことができない場合が多いのです。 水やり ...

ReadMore

ガーデニング

植物の不思議!栄養繁殖で植物を増やす方法!

  「クローン人間」というのを聞いたことありますか。SF映画でたまに見るやつです。 生殖というプロセスを経ることなく、誰かの遺伝子とか細胞とかを操作してつくりだされた人間のことです。   植物ではこの「生殖」というプロセスなしで個体を増やすことを「栄養繁殖」といいます。 この名は、植物では花を生殖器官、それ以外の根・茎・葉を栄養器官と呼ぶところからきています。   ここでは、一般的な栄養繁殖「さし芽・さし木、とり木、つぎ木」について見ていきますね。     ...

ReadMore

ガーデニング

庭のない住宅で鉢植果樹を育てて旬を味わう方法

  果樹栽培はとても贅沢な趣味です。 おいしく果実を食せるだけでなく、若葉の芽吹き、可憐な花、生い茂る葉の紅葉を 楽しめるからです。 プロの農家さんは大規模な果樹園や何棟も並んだビニールハウスで果樹を育てます。 果実をもいでから消費者が手に取るまでの期間を考えながら、市場に安定的に 供給する必要がありますが、家庭で育てる果樹はその必要はありません。 味わいや食感など、ホントの旬を追求できます。 鉢植えで「見てかわいい、食べておいしい」果樹栽培を始めてみませんか。   鉢植え果樹は「植付 ...

ReadMore

Copyright© 高瀬環境緑化 株式会社 , 2020 All Rights Reserved.