北海道函館市の造園会社「人と緑をつなぐ会社」

高瀬環境緑化 株式会社

施工事例

函館駅前「ハコビバ」のシンボルツリー設置状況を報告します!

 

今回、シンボルツリーとして設置するのは、ヒムロスギという常緑樹です。
樹の高さは、約15mで、当社圃場で50年近く養生していた樹木です。

 

根の周りを大きく掘削し、きれいに根を包むことができました。
こうしないと、根鉢から土が落ちてしまうのです。

 

これはハコビバさんの広場に作られた、ヒムロスギを納める鉢となる構造物です。
駅前は、地盤下の海水面が高いので、海水の影響から樹を守るため、かさ上げして設置することになりました。

 

これは鉢の中に入れる黒土や土壌改良材を積み上げた様子です。

 

鉢の中にこのような躯体を打ってあります。
根鉢の安定性と地下支柱のアンカー打設のためです。

 

まず、水はけをよくするために、白火山灰を投入しました。

 

白火山灰の上に黒土を敷き詰めました。

 

これは、地下支柱と、樹木を立ち上げた後に取り付けるワイヤー支柱の資材です。

 

この場所は、風が非常に強く吹きます。
台風や地震にも耐えられるように、地下支柱とワイヤー支柱の2種類の支柱をセットしたのです。

 

ヒムロスギをトレーラーに積込み、夜間、移送します。

 

現場に、ヒムロスギが到着しました。

 

あいにくの土砂降り雨のなかでの作業となりました。

 

翌朝は、すっきり青空になりました。
無事、ヒムロスギを立ち上げることができました。

 

枝を絞っていた麻縄などを取り外します。

 

これから、根回りにさらに黒土と土壌改良材を補充します。

以上が、函館の新しいランドマーク「ハコビバ」さんにヒムロスギを植栽した件の報告です。

 

-施工事例

Copyright© 高瀬環境緑化 株式会社 , 2020 All Rights Reserved.